ホーム入院・お見舞いご案内入院時のお食事について

入院時のお食事について

ここから本文です。

入院患者様のお食事について

みやそう病院ではご入院時、お気持ちが少しでも楽になるよう、バランスの取れたおいしいお食事を心がけています。
患者様に喜んでいただくことを第一に、管理栄養士、栄養士、調理師、調理補助スタッフが協力してお食事をお届けします。

季節感あるお食事

春夏秋冬、季節を感じられる食事の提供を心掛けています。

春:パエリア

夏:うなちらし

秋:サーモンのクリームソース

冬:おでん

行事食

行事食の提供も行っています。

敬老の日

七夕

ひな祭り

食べやすい形状

主食、副食とも患者様により食べやすい形で提供しています。

ご飯

軟飯

おにぎり

パン

全粥

ミキサー粥

副食の形態は6種類あります。
患者様の状態に合わせた食事形態の検討、変更を適宜行っています。

カット無し

一口カット

ソフト

きざみ

きざみトロミ

ミキサー

食事が進まない患者様のために様々な補助食品をそろえており、患者様の嗜好や嚥下機能に合わせて選択できるようになっております。病態に合わせて特別な栄養補給ができるものも、用意しております。

栄養指導について

管理栄養士による栄養指導を実施しております。病気や状態に合わせて日々の食事の摂り方などをご指導いたします。
お気軽にお問い合わせください。

アレルギーなど

食べ物のアレルギーや、形状にご指定のある場合は、できる限り対応させていただいておりますが、やむを得ず応じきれない場合もございます。
入院時に担当看護師や栄養士にご相談ください。

お食事に関するお願い

食事について

  • 入院中は、病院の食事を召し上がっていただきます。
  • 管理栄養士によって管理された食事を、適時・適温で提供しております。
  • 配膳後2時間以内にお召し上がりください。
  • 配下膳はスタッフが行います。
  • 食事の時間は、朝食/8時、昼食/正午、夕食/午後6時です。

お茶について

  • 各食事前に配茶をいたしますが、2階西病棟洗面所・2階東病棟デイルームに給茶器を設置しております。
  • お茶用のコップ・急須は割れない素材の物をご準備下さい。
  • ペットボトルへの配茶はやけどの危険性があるため、お断りしています。

持ち込みについて

  • 一人ひとりの病状に応じた食事内容となっておりますので、基本的に補食は禁止しています。
  • 病室への飲食物の持ち込みは医師の許可が必要です。
  • 持ち込み食をされる場合は1回分ずつ持ち込み、残った分は当日中に持ち帰るようにしてください。
  • 持ち込み食を他の患者さまと交換したり、おすそ分けなどをすることはご遠慮ください。
  • 特に生ものの持ち込みはご遠慮ください。
  • 持ち込まれた食事に関する事故については、当院では責任を負いませんのでご了承ください。

診療対応

外科・内科・整形外科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・糖尿病内科・肛門外科・脳神経外科・放射線科・リハビリテーション科・各種検診・人間ドッグ・予防接種

Copyright © 2022 Produced by miyasouhospital.

このページの先頭へ